2016年01月30日

19週目の子ネコたち

食道肥大症の仔ネコたちをへその緒がついたまま保護してから19週となった

思い返せば12月、いや11月後半からは動物病院通いが続き
年末からはずーっと縦抱きのお世話が続いている

キジトラの方はミルクと粉状の離乳食を与えた後はしばらくケージでおとなしく過ごしてもらう
ハチワレの方はミルクに離乳食を少しだけ混ぜて薄めて薄めて与えてみる
何度か試したけど、やはりしばらくしたら調子が悪くなる

吐かせるくらいならミルクだけの方がいい
吐くと体力を消耗するし誤嚥性肺炎も怖い
なのでやはり今もミルクしか与えられない

そしてミルクの後は縦に抱く、両脇の下から両手で抱えて膝の上で見つめ合う
最近はもう慣れたのか抵抗もしない
お腹がキュル…キュル…というとしばらくするとゲップが出る
最低2回は出るので、出るまで待つ

膝を立てて三角座りで向こう向きに膝に乗せお座りのまま背中をさするときもある
こちら向きに胸に縦抱きのときもある
軽くとんとんしたり…ミルクのあとの赤ちゃんと同じ要領

困ったのが異物をかじる事
お腹が空くのが座布団や毛布、私の服まで気を付けないと目が離せない
そう思っていたら、先日キジトラの方が私の服の紐をかじっていた
ハチワレを縦抱きにしているときに、膝に載り気付かない間にかじっていた
慌てて止めさせて確認!ほんの少しかじられたかもと思っていたら…

次の日昼前にド派手にケージから外に向かって吐いてあった
またハチワレが吐いたかと思ったけれど、何か違う!
吐しゃ物の中にペットシーツの切れ端と黒い糸状のものがチラホラ混じっている
??何これ??と思ってケージの中を見ると…
なんと7センチほどの紐があった

こんなにたくさん呑み込んでいたのかと思うとぞっとする

二匹ともお腹が空いてたまらないのと運動不足なのかもしれない
食前に運動させていたのだけれど…そろそろ食後もキジトラは少し遊ばせても大丈夫かもしれない
2匹を遊ばせるとなると、なかなか目が届かなくて…
でも異物を食べるのは本当に危険なので気を付けたい
posted by しっぽ at 11:21| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

食道肥大症の子ネコのその後

その後も相変わらず子ネコはミルクだけしか飲めない
少し離乳食を足してミルクで薄めても、その次のミルクの後には吐いてしまう
もう一匹の兄弟はミルク+離乳食でなんとか成長していっているのに…

食道肥大症の仔ネコなどのブログを読ませてもらっても
ここまで症状がひどい子ネコはあまり見ない
というより仔ネコのこの病気に関するブログ自体があまりない様な気がする

そして成犬の例はとても多い
多くは食べる時に皿を高くして食後縦にしておくというもの
調べれば調べるほどため息が出る

病院では薬などの処方は意味が無いので今はミルクと縦抱きのみ…

実際に看病した人の記事では縦抱きもあまり長時間だと腰に悪いらしい
15分と書いてあったり45分くらいまでと書いてあったり
そしてゲップが何回か出るまでとしている

私も必ず2回のゲップは確認する
ミルクをもっと飲ませたいのでつい回数を分けたり、少し多くしてもすぐ吐いてしまう
吐くと体力を消耗するので無理はできない
離乳食も少量でも吐く原因になるならやはり与えられない

可愛そうに…
二匹の体重差がどんどん広がっていく

調子が悪いとお腹からクルクルと空気の音が聞こえてくる
どうしてこう空気が入るのだろう
それともガスが発生しているのだろうか

とにかくまだもう少し大きくならないと外科的なこともできないらしい
大きくならないと何もできないかもしれないが食べれないから大きくもなれない
今の病院でいいのか大学病院などへ紹介状を書いてもらおうか
また相談しながら考えていこうとは思う

またこの症状の子は原因によっては治療の施しようがないかもしれない
そういったことも覚悟しておかなければならない

奇跡が起きないかと祈りながら今日も縦抱きでお世話をする
骨と皮だけなので本当に空気のように軽い
軽すぎて怖い
posted by しっぽ at 21:14| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

子ネコその後

前回脱水を起こし点滴をしてもらい夜には元気になったのだけど、次の日の受診後の午後からなにやらお腹の音が気になっていた

そして次の日が大変!!
昼から4回、夜1回、と飲ませても1時間後、2時間後、3時間後には吐く
勿論元気もない
肺炎が怖い
それでもミルクは欲しがるので寝る前には少しだけあげた

その日は休診日なので次の日は勿論受診をするつもりで…

そうしたら夜中にまた吐いた
そしてその中から長い髪の毛が1本出てきた
私の髪!?
これが原因!?

分からないけれど朝にはミルクをあげてみた
なんとか吐かずにお昼まで持つようなので、もう一度お昼にミルクをあげた
それでもまだ大丈夫
でも夕方の受診で30cc補液をしてもらっておいた

なんとか大丈夫だったし体重も1.2キロのままだったのでホッとした
減ったかと思って心配した

食道肥大症でいろいろ調べるのだけど治ったという記録はあまり出てこない
でも中には先天性のものが治療で治った例もある
とにかく何が原因で肥大しているのかが分からないと治療のしようもない
でも小さすぎて細かい検査がまだ出来ない
なんとかミルクでもう少し大きく育ててから今後のことを探って行けたらと思う

経験者の方々のブログなどで調べたけど、食道肥大症の子たちのフードは流動食
なかなか固形は食べれない
レトルトパウチや缶詰などをフードプロセッサーでどろどろにして食べさせた後に、ミルクで流しこんだりするみたい

そのドロドロすら我が家の子たちは無理だった
1匹はミルクと粉状の離乳食でなんとか育っている(17週で1.7キロ)
もう1匹は粉の離乳食すら少量でもダメ、ミルクで薄めてもダメ(17週で1.2キロ)
胃までは降りているように思う
そこから先に行かないみたい

もう少しミルクだけでなんとか大きくなってほしい
食後大人しく縦抱きにされているその姿が可愛らしくもあり可哀そうでもある

posted by しっぽ at 21:15| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク