2016年01月19日

子ネコその後:調子が良くなくて病院へ行くものの…

子ネコはその後キジトラは1.7キロになったけど白黒ハチワレは1.1キロのまま

何度か吐いて元気がないので病院へ行くと血液検査で脱水を起こしているのが分かった

お腹のレントゲンとエコーで見てもらっても異物があるかどうかは分からない
ただ4時間前に飲んだミルクがまだ胃に水分として残っている様子

吐いた上にミルクが腸の方へ降りないのだから脱水もおこしてしまう
ミルクにほんの少量づつ粉状の離乳食を混ぜていたのだけど消化できなかったのだろうか
それとも異物でどこか詰まっているのだろうか

腸の方にはガスが何か所かたまっている
お腹の方でクウとかキュルとかグルルとか音がしていたのでそうだろう

次に日にまた様子を見せに来てとのことで、とりあえず補液をしてもらいその日は帰った
けっこう一杯入れてもらったのでひとこぶラクダの様になっていた
キジトラにはいつものミルク+離乳食を与えたがハチワレは夕食は抜きにしてお腹を休める

そうすると夜にはもりもり元気に戻った
何が効いたのか…??

次の朝には固い便も出ていたし朝から元気
お腹に留まっていたものが腸へ降りたのだろう
先生には朝から元気であることは伝えた

エコーで見ても昨日のような水分は無い
(3時間前に飲んだミルクっぽいもやもやとした影はある)
なかなか腸の方へ行かないのよね…

結局この日も補液をしてもらい帰ったが、帰宅してからお腹がまたクルクル、グウと言い出した
またお腹に水分が溜まっているのだろうか
ミルクも少量にして縦抱きにしているけれど、音は鳴りやまない
さあ、どうなるのか…しばらくまた目が離せない

posted by しっぽ at 16:10| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

いよいよ17週になる子ネコたち

通院が続いた年末のあと、お正月を縦抱き作戦でなんとか乗り切ったのだけど…
今度は小さい子ネコの方がずーっとお腹の調子が悪く下していた

年明けに病院へ行き、薬が合わないのかもということで他の薬に変えてもらった
それでようやく治り今に至る…

片方の子は1.6キロにまでなったのに、もう片方の子は1.1キロのまま…

片方の子は粉状の離乳食とミルクで大丈夫そうだけど、もう片方の子は粉状の離乳食もペースト状から少し始めてみたけれど、なかなか消化ができないのか、食後吐きそうな口をしている

ペーストよりとろとろの状態にした方が良さそうなので少しずつミルクで溶かして混ぜている

お腹が空くのか1週間くらい前から異物を食べるようになり、ある朝派手に吐いた中に、ケージに入れていたタオルがたくさん一緒に出てきた
タオルが穴だらけ…
解放したときに毛布や座布団にかぶりつくので目が離せない
私の洋服も一部食べられた

お腹が空くのだろう
とてもお腹いっぱいは食べさせることができない
なので時間が許すときは少量ずつを小分けにあげることもある

食後はできるだけ縦抱き…
1~2時間ほど、これを1日4回続けて二週間経つ
なんとか吐かずに持っている
これしかできることが無い
今は寒い時期なので上着の中にすっぽり納まって寝息をたててくれる
暑い時期ならこうはいかないだろう
2時間くらい経つとトイレにいきたくなるのかもぞもぞし始めるのでケージに移す

運動もさせたいので食前に30分以上開放しておもちゃで遊ぶようにはしている
食後は絶対に運動禁止!

体重がもっと増えるまでは無理に離乳食以上に進めないように決めた

ところで食道肥大症で調べてみたけれど、あまり良い情報は載っていない
吐くことが多いと肺炎をおこしてしまって病後が良くないケースが多そう…
その中に犬の食道肥大でカリカリをペーストにして与えることで長生きした例を見つけた
食道肥大の原因にもよるとは思うけれど、なんとか大きく育ってほしい

今年は年始から懐にネコを入れて、パソコン作業を続け、そんなことを想い過ごしている
posted by しっぽ at 09:31| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク