2016年02月13日

お薬が切れるので病院へ…

雨脚がきつくなる中病院へ行ってきた
ついでに2匹とも体重測定

キジトラは2.3キロ(順調)
ハチワレは…1.2キロ(全く変わらず)…ショック!
ヒョロヒョロのコツコツ…

それでも生きている
生きている限り何かしないわけにはいかない
それでお薬を処方してもらってきた

高栄養のパウダーを混ぜても混ぜなくても、食欲が無い時は飲み残すし、吐くときは吐く…
湯温が低いと溶けにくいので、少し熱めのお湯の方が溶けやすそう
そのあたりの調整もしながらとりあえず与えていくことにする

お腹で空気の音が続くと吐くので、その時は少し減らしめにした方がいいのかもしれない
ただでさえ少ないのに減らすのも酷なのだけど
吐く方が体力を奪うし食道などの炎症も起こすリスクがある

マッサージをしたり縦抱きにして空気を出しやすくしたり…
いろいろ施すのが果たして良いやら悪いやら…
ネコにとっては迷惑かもしれない

それでも食後、膝の上での縦抱きタイムに耳や頭をなでていると
ゴロゴロゴロゴロ…気持ちよさげに喉をならしてくれる

キジトラの方も基本は離乳食とミルク
先日少し離乳食を増やしてみた
でもハチワレみたいにお腹のあたりで空気の音がするようになった
逆流しそうなので、また前の割合に戻してしまった
それでも体重が増えてはいるのでこちらはまだ安心

二匹とも次に抜ける歯はいよいよ犬歯?牙
人間でいうと何歳なのだろう
食事に全然歯を使っていないけれど大丈夫なのかしら

毎日毎日試行錯誤で世話を続けている


posted by しっぽ at 22:54| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

高栄養のパウダー

高栄養のパウダーが届いた
早速これをミルクに少し混ぜてあげてみた
結局吐いた…

まあ2日に1回のペースで吐いており
今日はお腹が張ってきている様子だったので
そろそろ吐くかな…とは思っていた

だからこれが原因だとは思えない

また明日少しだけ混ぜてみよう
それでも続けて吐くようだったら中止かな
少し溶けが悪いので茶こしでこしてダマが入らない様にはした

吐くと体力も奪われるし誤嚥性肺炎が怖い
小さなミルクの塊だって怖い
そうゴミだって怖い
私の髪の毛で吐いているし…

一時期の様に毛布や服をかじることは今は無いけれど…
それだけの元気がないのかもしれない

飲ませたあとは相変わらずゲップをさせている
1時間経ってから出る時もある
今日も気を付けていたけれど2時間経過してから吐いた

普通に食べれるという事がどれだけ有難いことなのかひしひしと感じる

一方のキジトラの方もまだ普通の食事にはしていない
けれど元気一杯で昨年あれだけ繰り返し吐いたのに
今のところ離乳食とミルクだけにしているからか吐いてはいない
なんらかの異常はあるのだろうけれどハチワレほど重症ではないのだろう

滋賀のお医者さんのお話では猫は多産だから
やはり奇形も生まれるし、それはどうしようもないとのことだった

かかりつけの病院でも持って生まれたモノだろうから
飼い主の育て方に問題があるとかではないと言われた

2匹保護して1匹でも助かればそれはそれで良しとしなければならないのだろう
ただ、そこまで頭では分かっていても気持ちはまだ割り切れないモノがある
生きている限りはできることはしたい
それが返って苦しめる事になるのなら止める

その判断は本当に難しい
posted by しっぽ at 21:40| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

高栄養のミルクを発注

治療法が無いことを受け入れて、さてどこまで何をしてあげれるのだろう…と考えてみた
何か今、できることがあるのかしら…と今までを振り返ってもう一度考えてみた

2、3日に1~2回吐く
吐くときは数時間前から胃腸に空気が溜まってきている感じが分かる

どうして空気が溜まるのか…私には分からない
とにかく吐く事が誤嚥性肺炎のリスクもあるし、食道が傷つくのだけど、どうしようもない
今のところ予防的に抗生剤ももらっている

そしてどうせ吐くなら沢山は飲ませられないけど高栄養のモノを少しでもあげたい
と、そう思いどこかのブログで見たカケシアを探した

病院ではチューブダイエットの赤いミルクを一度貰って与えた事はあった
その時も同じように吐いたのでそのミルクは止めていた
1袋500円くらいだったように思う
同じチューブダイエットのスーパーハイカロリーなのがカケシア
今与えているミルクは同じ森永サンワールドの普通のミルクで100g当たり約500キロカロリー
対してカケシアは100g当たり651キロカロリー
これが飲めるならこれで行くしかない

ありがたいことに1袋270円のバラ売りをしているお店があるじゃないですか!
http://dr-nyan.jp/products/detail387.html
しかもわけのわからないペットショップではなく動物病院通販部

これを普通のミルクに加えながら様子を見ることにする
治療はできないけどそれ以外でできることを考えよう
早く届いてほしい

今日のお昼のミルクの後はかなりお腹からクルクル音が聞こえていた
体勢を変えたりお腹を少し刺激したりさすったりなでたり…
1時間くらい経ったときに結構な回数でゲップが上がってきた
いつもはミルクの後10分位の間に2~4回くらいゲップが出るのだけど…
1時間くらい経過していても上手く刺激できれば上がってくるものなんだというのが分かった

時間があるときは様子を見ながらお腹の方も苦しくない程度に触ってみることにする
夕方のミルクの後はお腹もクルクル言わず、お腹を触んな!って感じで抵抗された
調子が悪い時はされるがままだけど、元気になると抵抗できるらしい

posted by しっぽ at 20:35| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク