2015年12月28日

子ネコその後

結局、二匹が交互に吐いて、あまり続くと病院へ…
…を繰り返していたらあっという間にひと月以上が経っていた

クリスマス前後は1週間通い続けた

二匹とも離乳食を進めると吐く
ミルクの量が少し多いと吐く
1回吐くと何度も続く…

もう怖くてミルクも離乳食も進めることができない
固形やペーストも全然ダメ

考えられる原因はたくさんあるらしい
けれどまだ小さすぎて出来る検査や投薬も限られるとのこと

特に小さな方が吐く回数も多くて食事が進まずどんどん痩せてしまった
レントゲンで食道の様子は小さすぎてよく分からなかった
心臓の肥大だけは分かった

二匹ともだから先天的な異常があるのだろうか

ちょっとググってみても
巨大食道症とか食道裂孔とか…
それも原因が色々あるようで本当に『吐く』という症状だけで判断するのは難しそう…

ただ二匹だから先天的なものがあるのかしら…

いろいろ薬を試してみても内蔵の機能に異常があるのならどうしようもない

そうこうしているうちに14週になったので、バリウムを飲ませて検査することに
前にレントゲンだけ撮った時よりはっきり映った
二匹とも胃の手前の食道部分が大きくなっていた
そしてまだ吐くのがマシな子の方も、一旦胃に入ったものがまた逆流しているのも分かった
しょっちゅう吐いてガリガリになっているこの方は食物がなかなか胃から腸へ降りて行かないということも分かった
(ただこれはバリウムにペーストを混ぜているのでそのせいも多少あるかも…とのこと)

どうしようもないので今は食べさせてからしばらくは縦抱きにしている
そしてできるだけ暴れさせないように食後はケージの中へ

可愛そうに…この時期の子ネコはめちゃめちゃ暴れたい
仕方がないので出来るだけお腹が空いている時に暴れてもらっている

あと二匹を同じケージに入れていたのだけど、片方の子が元気がないのに元気な子がちょっかい出すので、しばらく別々にすることにした

今はこうして様子を見るほかない

スポンサーリンク


posted by しっぽ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク