2016年12月26日

愛しの三毛猫

今月始めに虹の橋を渡った三毛猫
よく頑張ってくれた
最後を見届けるのはやっぱり辛くて…

ガリガリに痩せこけて、フラフラになりながらも自分の居たい場所を探して
トイレにも自分で行って

結局私には何も出来なかった
ただ見届けるだけ

最後は水も何も口にせず
身体が受け付けなくなっていた

少しでも飲んで、少しでも食べてと思うのは結局エゴなんだろう
辛そうな姿を見ると早く楽になりたいよねと思ったもの

869590B4-97AD-413D-8707-5FA5BDB855C8.jpg

人生半世紀を超えるとたくさんの出会いもあるけれど、別れも多く経験するわけで

自分の旅立ちの時はどう見送って欲しいのだろう
今から何を準備しておけるのだろうと考える

考えるけど現実的に出来ることはそれほど多くない

それはさておき…
ぽっかり空いた予定を埋めるように何かをしていた

東京まで行ってセミナーにも参加したり…

ホテルで朝ふとイメージワークをしてみた

愛猫を抱っこしているイメージ
私の抱っこネコで赤ちゃんみたいにたくさん抱っこした
もともと抱けるネコが欲しい!と思っていたら我が家に来たネコ

そしてその抱っこした猫をそのまま胸の中に入れる
そうするととっても暖かで幸せな感覚になれた

東京から戻ってしばらくはなんとなくやる気が抜けていた
何もしたくない感じが続いていた

そんなこんなで日々は過ぎ
ある夜玄関から愛猫が入ってくる夢を見た
その数日後とにかく玄関から大掃除をしよう!とようやく重い腰をあげた

玄関からたくさんの良いモノが入ってくる!と思いながら
クリスマスイブの日だったのだけど
この日こんな素敵なプレゼントが届いた

21F8CE1A-C4B0-43CA-A7C9-C725B5516984.jpg
私の愛猫
ネコ天使!
言葉が見つからないくらい嬉しい

届けて下さったのはアニマルコミュニケーションの先生

描いて下さったのはねこアートを描かれる画家の知人
もともとチャネラーさんだから今の愛猫の様子も教えてくれた

人と人は想いで確実に繋がっている
ネコと人も想いで繋がっている
そんなことを改めて感じる出来事

このひと月悲しいと言う感覚では無く
気持ちが萎えたような
身体も重いような感じが続いていたのだけど
ようやくようやく上昇している感じがする

新しい年に向けいろいろ整理して
手放すものは手放し
必要最小限のことに全力で集中したいと思う

生きてここにあるのだから
やるべきこと、やりたいことをやり残さないように生きたい
posted by しっぽ at 10:11| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

マーキング・キジトラの今

マーキングで困って相談したキジトラの今


10月にマーキングで困っていた3歳キジトラの相談をした記事がこちら

そしてその数日後のキジトラの変化はこちら

それから私にマーキング!の事件


そして現在の様子ですが…
物凄い変化です!


あれからずーっと事あるごとに声をかけ、話し続けました
お蔭で独り言の癖がついてしまった
はたから見るとまるっぽ変人!


1歳の子ネコ(もう大きい)たちに遠慮しなくてもいいということ
ダメなことは遠慮なくダメって言ってもいいということ
時にはネコパンチも全然OK
傍若無人を許さなくてもいいということ

男の子3匹の中であなたが一番お兄ちゃんであるという事
留守をしっかり見守ってねと頼んだり
私が信頼しているよ、大好きだよということ


そんなことを話しかけていた

そしてある時
1才ネコたちと遊んでいる時に急に仲間に入ってきた!
やった!と思った瞬間だった

それから1才ネコたちと遊んでいると
今までは他人事のように様子をうかがっているだけだったのが
参加する気満々のオシリフリフリ状態で様子をうかがっている
(明らかに様子が違う)
そして突然参加して金チャン走りの様に走り抜ける!

もともとよちよち歩きのころから走りたがっていた子で
走れるようになると起きている間中やみくもに暴れ回っているような
エネルギーの有り余っている子だから
走り回ることは好きなはず


B43EFA53-76B7-4745-A51B-5988EF25EFBE.jpg

そして先日は1才の猫たちととうとう取っ組み合いをしていた!
(前は逃げる一方だったのでこれはかなり嬉しい)

さらに猛ダッシュで追いかけっこ!
その走り方が今まではただ逃げ回っていたのだけど
明らかに様子が異なる!

喜んで全力で追いかけっこを楽しんでいる感じ
バリバリ積極的に爪とぎをして
ここまで来れるもんなら来い!ってアピールしているみたい

人間で言うと
ようやく素の自分を出せてきた
そんな感じ

D8F07F98-2B37-4BDA-BA4F-491E6EF0DCDD.jpg

DDDD3545-5898-4A71-A798-0ABC9B9125D1.jpg

寝る時も私にぴったり寄り添っている
というか上に乗られている(重たい)

膝に乗せるのも触られるのも嫌がっていたのに
今はタイミング良ければ膝も大丈夫
触られるのも大丈夫になっている

そして気が付いたことがもうひとつ!

他のネコより首がやたら太いので骨太だと勝手に思っていたのだけど…

ん?ひょっとして力が入っているだけかも?と思い
膝に乗ってくつろいでいる時に首回りを確かめてみた

そうしたら意外と細かった

多分今までは触られるたびに緊張していたのかもしれない
だから力が入って首が固まっていたのかもしれない

今は触られて緩くなってきたところを確かめてみると
そんなに太くないという事が分かった

こうやって徐々に素の姿を見ることができて
多分ネコも飼い主も幸せだと思う


ここ数日はまったくマーキングされていない

まだ治ったとは思ってないしこれからも有ると思う
でも多分その時は理由がある
それが分かったのでマーキングするしないはもうあまり気にしないことにした
それよりどれだけ交流できるか、理解できるか

そこに意識を合わせていきたい
そう思っている


昨年あるイベントでアニマルコミュニケーションの先生と知り合えてホント良かった♪
先生は生徒さんの養成もされてるのでときどきモニターも募集されてます
ご興味ある方はご覧くださいね


posted by しっぽ at 11:00| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

三毛のその後

クレアチニン測定不能の三毛ネコのその後ですが…

10月前半に点滴をしたところで数値の改善は全くみられない
もうお手上げなので、せめてストレスなく過ごさせようと病院通いは止めました

そして自宅で点滴をしていましたが

これが、ものすごく暴れる
1人ではまず無理で、2人がかり!

どこにそんな力があるのだろうというくらい抵抗しまくる

カラーをしても噛まれ…自宅点滴もうこれ以上は無理です

10月17日の病院を最後に一切の治療を止めました

先生にも
延命するのも苦しいのを長引かせるだけ
止めるのもこの子のためだよ…と言われ
それは私もそう思っていたので

治療と延命の境界は難しい

あとは余生をのんびり過ごしてもらいたい

今まで犬や猫を何匹か見送ってきたので
最期にどうなってしまうのかはだいたい想像がつきます
(勿論、元気な姿の方を思い描いてはいます)

サンルームでのんびり日向ぼっこしている姿を見ると
今、そう…『今』が大事

今、目の前で『気持ちいい♪』、『心地よい♪』、『幸せ♪』って感じている
三毛を見れることが幸せなんだと思いました


7866B0D1-95FF-4B57-952A-29BE1913DE0B.jpg

4FD3645C-9125-466F-BF89-2C1759B2F9B0.jpg
私の大好きなにくきゅう


治療が有効な病気もあれば
治療ができない病気もあります


治療も改善もできないのなら
一切の治療は止める
それだけです

今までもそうでした
終末医療の止め時は勇気が要ります

でも分からない病気に心を悩ませ
治らない治らないと意識を向けるより

『今』『幸せ』『ここに居る』ことに目を向けることにして
もうそれでいいや~と思いました
その方が私も幸せです


そして治療をやめ、みるみる様子が悪くなることを覚悟していました


が!!

みるみる…では無いようです

未だにチュール―をちょびちょび舐めてます
すぐ飽きるので色々な種類を取りそろえ順番に与えています

前に食べなくなったカルカンのパウチもあげてみました
食べました!
たくさんではないけれど…
すぐ飽きるのでシーバのスティックもあげました
食べました!

前に食べなかったモンプチのパウチもあげてみました
一袋を一気に食べました
が、すぐ飽きるので
次は1/4しか食べませんでした

そのようにして
もう何でも好きなモノお食べ!!と
今までドライだけだったのですが
ウエットを取りそろえ飽きないように与えています

一度にたくさん食べれないので
一日に4、5回に分けて与えています
チキン系は受け付けなくて
お魚系の方がいいようです

こうしてみると

数値は1つの指標であって、事実を表してはいません

測定不能の値の状態ではもっとフラフラで吐いて吐いて食べれないと言われましたが
実際に目の前の子はこうやって食べています

お水を飲んでいる時は『一杯飲んで毒素をいっぱい自力で出してね~』
と声をかけてます

あと気休めかもしれないのですが
乳酸菌やら酵素やらブドウ糖やらを時々与えています
気のせいかもしれませんが与えた後はよく食べるようです

ガリガリであばらも腰も骨が飛び出しています
が、ちゃんと歩くし、テーブルにも飛び乗るし
まだしばらくは一緒にいてくれるようです


今はそれを有難いと思って過ごしています
明日の事はわかりませんが
今は一緒にいてくれている
それを感謝する日々です


無くなると思ったことで
有って当たり前だと思っていた日々に
改めて感謝する

病気や様々なハプニングは
そう気が付かせてくれるものなのかもしれません

いつまで元気でいられるかは
自分自身も分かりません

なので今日、今、ここに居ることにまず一番に感謝することを
またこうやって教えてもらいました

今日も良い一日を過ごしましょう




posted by しっぽ at 09:30| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク