2016年11月07日

三毛のその後

クレアチニン測定不能の三毛ネコのその後ですが…

10月前半に点滴をしたところで数値の改善は全くみられない
もうお手上げなので、せめてストレスなく過ごさせようと病院通いは止めました

そして自宅で点滴をしていましたが

これが、ものすごく暴れる
1人ではまず無理で、2人がかり!

どこにそんな力があるのだろうというくらい抵抗しまくる

カラーをしても噛まれ…自宅点滴もうこれ以上は無理です

10月17日の病院を最後に一切の治療を止めました

先生にも
延命するのも苦しいのを長引かせるだけ
止めるのもこの子のためだよ…と言われ
それは私もそう思っていたので

治療と延命の境界は難しい

あとは余生をのんびり過ごしてもらいたい

今まで犬や猫を何匹か見送ってきたので
最期にどうなってしまうのかはだいたい想像がつきます
(勿論、元気な姿の方を思い描いてはいます)

サンルームでのんびり日向ぼっこしている姿を見ると
今、そう…『今』が大事

今、目の前で『気持ちいい♪』、『心地よい♪』、『幸せ♪』って感じている
三毛を見れることが幸せなんだと思いました


7866B0D1-95FF-4B57-952A-29BE1913DE0B.jpg

4FD3645C-9125-466F-BF89-2C1759B2F9B0.jpg
私の大好きなにくきゅう


治療が有効な病気もあれば
治療ができない病気もあります


治療も改善もできないのなら
一切の治療は止める
それだけです

今までもそうでした
終末医療の止め時は勇気が要ります

でも分からない病気に心を悩ませ
治らない治らないと意識を向けるより

『今』『幸せ』『ここに居る』ことに目を向けることにして
もうそれでいいや~と思いました
その方が私も幸せです


そして治療をやめ、みるみる様子が悪くなることを覚悟していました


が!!

みるみる…では無いようです

未だにチュール―をちょびちょび舐めてます
すぐ飽きるので色々な種類を取りそろえ順番に与えています

前に食べなくなったカルカンのパウチもあげてみました
食べました!
たくさんではないけれど…
すぐ飽きるのでシーバのスティックもあげました
食べました!

前に食べなかったモンプチのパウチもあげてみました
一袋を一気に食べました
が、すぐ飽きるので
次は1/4しか食べませんでした

そのようにして
もう何でも好きなモノお食べ!!と
今までドライだけだったのですが
ウエットを取りそろえ飽きないように与えています

一度にたくさん食べれないので
一日に4、5回に分けて与えています
チキン系は受け付けなくて
お魚系の方がいいようです

こうしてみると

数値は1つの指標であって、事実を表してはいません

測定不能の値の状態ではもっとフラフラで吐いて吐いて食べれないと言われましたが
実際に目の前の子はこうやって食べています

お水を飲んでいる時は『一杯飲んで毒素をいっぱい自力で出してね~』
と声をかけてます

あと気休めかもしれないのですが
乳酸菌やら酵素やらブドウ糖やらを時々与えています
気のせいかもしれませんが与えた後はよく食べるようです

ガリガリであばらも腰も骨が飛び出しています
が、ちゃんと歩くし、テーブルにも飛び乗るし
まだしばらくは一緒にいてくれるようです


今はそれを有難いと思って過ごしています
明日の事はわかりませんが
今は一緒にいてくれている
それを感謝する日々です


無くなると思ったことで
有って当たり前だと思っていた日々に
改めて感謝する

病気や様々なハプニングは
そう気が付かせてくれるものなのかもしれません

いつまで元気でいられるかは
自分自身も分かりません

なので今日、今、ここに居ることにまず一番に感謝することを
またこうやって教えてもらいました

今日も良い一日を過ごしましょう




posted by しっぽ at 09:30| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

3歳キジトラにマーキングされた?

マーキングで何かを主張するのは3歳のキジトラ

そしてこのキジトラにあろうことか台所に立っている私の足にかけられた

寄って来たと思ったら後ろを向いて…
え!もしかしてやばいんじゃないの?
と思った瞬間『ちょびっとスプレー』

ええー‼️って叫んだら、怒られたと思って逃げていった

全く…大胆になったわね


これはしたら嫌やわ〜と言いながらも
明らかに距離を縮めて来ていると少し嬉しくなった

反抗期で自己主張できない子供が見えないところでイタズラしていたけど…
それが直接訴えるようになれた

そんな風に思えたのよね

自信が持てるようになったからこそ出来る大胆な行動とも言えるかな

そう思うと『やりやがったなー(^O^)』って笑うしかない


そのあと私がパソコンする間、ずーっと横の椅子にいたもの
可愛いいたずらっ子を見守る母の様な気持ちになるしかない❣️


実は『ちょびっとスプレー』される前に廊下で叫んでいた
それを聞いて部屋に入れるのが少し遅くなってしまって、多分『僕の声・聞こえてたやろ⁉︎』って言いたかったのよね

C6AFF72B-7250-4451-A012-8343F3E64FD7.jpg

736A5845-AE68-41DA-8D9F-73F750D6E2AF.jpg

私の中でついつい調子の悪い三毛が優先になってしまうから…

分かっちゃいるけど、分かって欲しいんだよね
ホント子育ての大変さと楽しさとやりがいを思い返させてくれる子だね

ある意味今の私に一番大切なメッセージを届けてくれているとも言える

そんな風に感じた出来事だった




posted by しっぽ at 13:24| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

キジトラ3歳の大きな変化

前回アニマルコミュニケーションとキジトラというブログを書いたのだけど

それを読んでくださったアニマルコミュニケーションの先生が
このブログを紹介してくださった

先生はアニマルコミュニケーションを教えるのは
『人と動物が当たり前のようにコミュニケーションが取れれば丸く収まる』
という想いがあるからだそうです

先生の思い描く夢の世界に私、一歩近づいたのですね♪

私も嬉しいです


さてその後…

あちこちオシッコする3歳のキジトラ

まあすぐにはオシッコ癖治りません
そもそも治るって何だろうとか考えたり…

何かしらそこにオシッコしたい衝動や使命があるのかもしれない
無いのかもしれない

二階に上がってニャーゴニャーゴと鳴くのも衝動や使命があるのかもしれない
無いのかもしれない

それはさておき
昨日部屋の気温が低かったとはいえ…

あんなに触られたく無い3歳キジトラが私の膝に乗って来た!!

2CC5C21B-C727-436D-8578-E58A1F657095.jpg

しかも超リラックスして身繕いしている!
その後…

7F60DAC8-43F6-4410-97C5-D019AA9C65E4.jpg

0F52EF1F-C546-44C9-B355-9195CD611C37.jpg

寝た!!

かなり長い時間寝ていた

そしてさらに!さらに!

3E935B1E-6149-4D62-A47C-B313DC5A3FBA.jpg
これはとある結婚式で使用したそうなのだけど
猫にとっては格好のオモチャにしか見えない
これを持った途端3歳キジトラが眼の色変えて真っ先に襲って来た!!

その後に1歳のキジトラ、ハチワレ兄弟も…
この子らはいつものこと

ただ3歳のキジトラは、しばらくこうやって遊ばなかった

新入りが来るまでは紐やらオモチャで大興奮して遊んでいたのに…
新入りが来てからは自分よりハチャメチャに遊ぶ様子を見て、一歩も二歩も引いて眺めている感じはしていた

オモチャを3歳キジトラの目の前にチラつかせても、何か眼をそらされて遊びに乗って来ることは無かった

もう大人になったのかしら…と思ったり

でも!

でもね!

ほら!
やっぱり遊びたかったんだ!

少しの間だけど一歳の連中は避けてこのキジトラと遊んでみた

まだまだ遊びたい盛りなんだと実感した


私には3人子供がいるけど、先輩ママ達から真ん中の子は意識して一緒にいる時間をとったり、意識して声がけしたりしなきゃあかんよ〜と聞いていた

そして我が子にもそう心がけて来たつもり

私と遊びたい3歳キジトラ
やはりちょっと意識を向けておきたい

ただ今朝また玄関にオシッコされたけど…

時間はかかるかな…

まあ子育てと一緒
人間も一緒
自信なんんてすぐに持てるものではないもの

あたたかく見守るしかない








posted by しっぽ at 10:55| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク